解体工事は業者にお任せしよう~プロ選びのコツ~

工事

家に大切なメンテナンス

塗料

外壁の劣化を防ぐメリット

家を長持ちさせるために必要なことは、定期的に外壁塗装をすることです。外壁は一年中外気にさらされており、太陽光や雨や風や雪などから家を守る役目を果たしています。特に横浜のように海に面している街では、潮風に当たることによって外壁の劣化が早く進みます。外壁塗装をすることによって家を守ると同時に、壁にできたひび割れや穴などを補修することができます。それらの壁面の傷を補修してからでないと、外壁塗装できないからです。横浜のような潮風があたるエリアの家では、そのような傷の他にサビなどが出ていることが多いのです。特に屋根材が錆びると雨漏りの原因になるので、横浜エリアの家は外壁塗装はメンテナンスのために必要です。最近は外壁塗装業界が活発でリフォーム業界も参入しているので、依頼する住民には色々な選択肢が増えて工事がやりやすくなります。

壁が汚れてきた時は注意

注意点としては、外壁塗装を行う時期をきちんと把握することです。地域や建物の構造などによっても工事をするタイミングは変わってきます。目安としては外壁が汚れてきたと感じた時が、一番いいタイミングです。ひび割れが大きくなったり、雨漏りがしてからでは工事も大がかりになり、費用もかかります。横浜などの海に面したエリアでは、内陸部にある家よりもこまめにメンテナンスをする必要があります。塩害が家に与える影響はかなり大きいので、日頃からチェックする必要があります。また雨の日には工事ができないので、梅雨時は完成まで長引くことがあります。夏は気温が高いので塗料が渇きやすく、工事が早く進みます。急ぎの場合は夏がおすすめです。