解体工事は業者にお任せしよう~プロ選びのコツ~

作業員

様々な出費を予想しよう

作業員

足場の設置で難航する

住宅を解体する時には解体工事会社を選ぶことが必要になりますが、この場合見積もりを複数の業者に頼んで適正価格を求めるようにしましょう。解体工事をする前にはなかなか適正価格がわかりにくいため、まずは適正価格か確認する必要があるからです。適正価格がわかれば後は手順について打ち合わせをする必要があります。東京23区内の場合には隣の建物との距離が短く、住宅も密集しているため解体工事が難航することも考えられます。解体工事が難航する理由は、まず、足場が組めないという点です。田舎であれば隣との距離が2メートル以上あることがほとんどですが、東京は50センチ程度しか間がないため足場がぎりぎりになるか下にものが置いてある場合などは全く組めないという事態になり得ます。足場が組めない場合には地面にあるものをどかしたりする必要があるため、余分にお金がかかってしまうこともあるので覚悟しておきましょう。

様々な諸費用がかかる

東京の解体工事では車や歩道の人通りが多い場所が多いため、重機がなかなか使えない場合があります。住宅を搬入するためには最低でも5~6メートル以上の道路であることが必要になります。もし、どうしても重機を搬入できないとすれば電柱や架線、歩道橋のガードレールを撤去することもあります。工事をする時の車両もその家の駐車場がなければその家の近辺の有料駐車場を借りなければなりません。これらの費用も当然見積もりには反映されます。工事をする場合には粉塵対策が大事になりますが、東京では洗濯物を干すスペースもあまりないため、解体する建物のすぐ隣のベランダで洗濯物を干していることもあります。そこに粉塵がかかりクレームの対象になるため粉塵対策が十分にできている業者を選んだ方がいいかもしれません。

住宅を長持ちさせる工夫

壁

こだわりの住宅が求められる名古屋で人気の高い外壁塗装は、極めて耐久性が高いものとなります。メンテナンスの塗り直しサイクルも長くなることで、経済的となります。また地震の発生による外壁のヒビ割れに対しても影響を受けにくい塗料も開発されています。

Read More...

計画の重要性と立て方

住宅

大阪でエクステリアを施工する際にはしっかりと計画を練ることが重要です。そうすることで無駄な費用を節約できます。また、個人単位でなく地域単位など近隣コミュニティごとにエクステリアを計画することで災害時などいざという時の被害を最小限に抑えることも出来ます。

Read More...

家に大切なメンテナンス

塗料

家を長持ちさせるためには外壁塗装が必要です。特に横浜のように海に面している街では、潮風などで塩害を受けやすいので早めの対策をすることです。工事をするタイミングは壁が汚れてきた時です。季節的には夏は塗料が乾きやすいので、早く工事を終わらせることができます。

Read More...